埋没縫合とは吸収糸で皮下組織から真皮方向に糸をかける縫合法で表面には糸が出ませんし、猫ちゃんの場合舐めても糸がないので傷が開きません。人医では埋没縫合の方が通常の結節縫合よりSSI(術後感染症)頻度が少ないというエビデンスがあります。